MENU

【読書感想】新世界

  • URLをコピーしました!

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2019/05/どんぶっちアイコン正式no.jpg” name=”どんぶっち” type=”r”]こんにちは!どんぶっち(@donbucchi3)です![/voice]

今回は西野亮廣さん著書の「新世界」の読書感想です。


[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2019/05/どんぶっちアイコン正式no.jpg” name=”どんぶっち” type=”r”]感動して泣いちゃった。[/voice]

 

目次

新世界を読む前

西野亮廣さんの著書は好きで、「革命のファンファーレ」や「バカとつき合うな」など読み漁っていました。

内容も世の中が今後どんな流れになっていくのか、どうやって自分が人生を歩いていけばいいのかが書かれている名著です。

この2冊だけ読めば西野亮廣さんの考えは理解できると思っていました。

そして、今回R25で「新世界」がネットで全ページ無料公開している情報をTwitterで知ったので早速読んでみることにしました。

↓無料公開全文は下記をクリックすれば移動できます↓
11月発売&絶賛ヒット中のビジネス書『新世界』を全ページ無料公開します(西野亮廣)
 

新世界を読んだ後の変化

僕が読んだ中で一番色濃く西野亮廣さんの考えが理解できる一冊でした。

革命のファンファーレももちろん良かったんですが、新世界は段違いでした。

今、世の中にどんな変化が起こっているのか?がものすごく丁寧に書かれています。

そして、僕たちがどんなことをしていけば、人生を幸せに過ごしていけるのか?ということの方法も実体験を元に記してあります。

詳しく読んで欲しいのですが、一部だけ言うと、お金の価値は下がって信用される人の価値は上がるということ。

人から信用される信用持ちが人生を幸せに過ごしていける。

つまり、貯金時代から貯信時代に突入したということです。

この貯信時代で信用を貯めるにはどうしたら良いのかということが書かれているんです。

興味が出てきますよね?

後、「おわりに」がものすごく泣けます。

僕は泣きました。

 

新世界を読んで実践すること

実践することはただ一つです。

信用残高を稼ぐためにウソをつかないことを実践する。

これは本文にもありますけど、本当に難しい。

例えば、営業の仕事をしていて、自分がオススメでもない商品をおすすめですと言って売っていることはウソをつくことになるんです。

なので、ウソをつかない環境を作るということが大事だと本文にもあります。

ウソをつかない様にするには会社など強制的に嫌なことをやらなければいけない環境があるのであれば、その環境自体を改善しなければいけません。

まず、自分の環境がウソをつかされる環境なのかを確認して、環境が悪ければ環境を変える様に行動をします。

そして、自分が実践して成果のあったことを発信する様にします。

 

おわりに

僕のおわりに より、「新世界」のおわりに を読んでほしいのでR25の無料公開ページから引用しますね。

おわりに

キミは、お役所の仕事に不満はあるかな?

キミは、事なかれ主義の上司に不満はあるかな? 

上への確認ばかりを繰り返して、まるで自分で責任をとる 

覚悟がないアイツらの動きはイチイチ遅い。

アイツらのせいで、キミはもとより、

キミが大切にしてる気持ちや、

キミの家族や仲間にまでシワ寄せがいく始末。

ホント、ムカつくよね?

ここで「はい」と答えたキミに訊きたいんだけど、

その環境は、なぜ変わらない?

なぜ、いつまでたってもキミや、

キミの大切にしているものが、

傷を負い続けている?

涙を飲み続けている?

その理由は一つしかない。

キミが弱いからだ。

極端な環境に身を投じることを避け続けた今のキミには、

力が備わっていない。

もしキミに守りたいモノがあるのなら、

キミ自身が強くなるしかない。

流れに振り回されない力さえ手にいれれば、

キミは、

キミが守りたいモノを守ることができる。

今、キミの目に映っているもの全てがこれまでの結果だ。

今この瞬間に「言い訳」と縁を切るんだ。

もう、情報は伝えた。

武器は渡した。

ここから先は頭で考えちゃダメだ。

「現実」というものは、

行動を起こしていない人間の想定を軽く超えてくる。

足を動かしていない人間が出す答えには何の価値もない。

考えるだけ身体が固くなる。無駄だ。

武器の使い方は、戦いながら覚えるんだ。

覚悟を決めるんだ。

少しだけでもいいから、挑戦して、

少しだけでもいいから、失敗から学んで、

少しだけでもいいから、傷を負って、

少しだけでもいいから、涙を流して、

少しだけでもいいから、想いを背負って、

強くなってください。

でもね、

キミが頑張れるサイズは決して見誤っちゃダメだ。

少しぐらいの無理は必要だけど、

続かない無理はやめた方がいい。

身体が保っても、気持ちが保たない場合がある。

挑戦して、

毎日めいっぱい殴られて、

悲鳴をあげることもままならなくなって、

キミの気持ちが壊れそうになったら、

その時は、逃げるんだよ。

なりふりかまわず逃げるんだよ。

逃げた先で、次の一手を考えればいい。

生きてさえいれば、必ずまたチャンスは巡ってくる。

まずは自分を懸命に守れ。

話はそれからだ。

今日は上手くいった?

それともドジっちゃった?

明日は今日よりも半歩だけ前に進めるといいね。

頑張ってください。

応援しています。

いつかキミが震えるほどの感動に出会えますように。

大丈夫。いけるよ。

引用元:新R25

おわりにが気になった人は早速全文無料公開を読んでみましょう。
11月発売&絶賛ヒット中のビジネス書『新世界』を全ページ無料公開します(西野亮廣)

 

 
それでは、今回はこれで。

今回も閲覧頂きありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる